自動車保険の会社の選び方

実は私の勤務先は某タクシー会社系列の整備工場です。
系列会社のタクシーの点検・整備は勿論のこと、事故処理関連の仕事が実に多く、ここに勤めていると毎日毎日ひっきりなしに入庫してくる事故車の多さに、恐ろしくてタクシーに乗りたくなくなるほどです。
一般のドライバーより「過信」があるせいなのか、意外と事故が多いのかもしれません。
そのため、当然車の事故が起きれば自動車保険会社が中に入り、写真をとりにきたり、検証したりということも日常茶飯事です。
その内情は決して大きな声ではいえないようなことばかりです。
社内の人間が事故を起せば、その事故にかかる費用は大方会社持ちになるため、会社が整備工場をかかえていると、その事故処理にかかる費用は多目に見積もることで、「浮かせます」。
もちろん許されないことですが、暗黙の了解のように行われていることです。
系列タクシー以外の一般者の車検・修理・整備なども請け負っているので、一般車両の事故車も扱います。
その際に各個人の保険会社の事故担当の方が調査に来ますが、会社によってものすごく大きな違いがあることに驚きました。
本当にあっさりと通り一遍の調査のみで、保険審査の緩い会社もあれば、何度も何度も足を運び、整備場内でじっくりと事故車を検証し、厳しい審査をする会社もあります。
私達は実際に現場でその会社によって違う審査基準を目の当たりにしているので、当然自分の愛車の保険は確実に迷わず選択することができるわけです。
間違ってもあの会社の保険だけには入ってはいけないというくらい、本当に気の毒になるくらい審査が厳しいところがあります。
中には、誘導尋問のように、被保険者の過失を念押しするような質問ばかりする悪質な担当者を送り込む会社もあるのです。
これらの裏情報はとても貴重です。
もし、自分の知り合いに、車関係の特に修理や整備に絡む仕事をしている知り合いがいれば、そちらの情報を入手することはとても役にたつこと間違いなしです。

サイトマップ