自動車保険に助けられました

深夜に仕事が終わって、こちらの愛車で家路についていた夫がまさかの人身事故。
人を轢いてしまったと電話がかかってきたときは本当に心配し、動転してしまいました。
警察の現場検証に立ち会うために、その場に残った夫の代わりに、私は被害者が搬送された救急病院へ急いで駆けつけました。
お年寄りの方で、ご家族の方によると徘徊する癖があり気をつけていたが、夜中に外へ出て行ってしまわれての事故でした。
幸い命に別状はなく、相手のご家族の方も理解のある方々でひとまず胸をなでおろしました。
田舎道で、車の通りも少ない時間帯、ましてやあぜ道からにゅっと出てこられブレーキが間に合わなかった結果の事故でした。
けれども、人をはねてしまった夫に責任はあります。
動揺する夫と私でしたが、保険代理店の方も夜中にすっとんできてくださり、テキパキと処理を手伝ってくださいました。
さすがは交通事故のプロ。
いてくださるだけで頼もしいのに本当に力になってくださいました。
あの時のご老人も、2ヵ月後には退院され、後遺症もなく普通に生活されているそうです。
やはり、自動車保険に入っていて本当に良かったと思いました。

サイトマップ