自動車を運転して感じたこと

自動車を運転していて感じたことは、自動車保険必要性でした。
JAFに加入していないと、万が一のカートラブルに対処できないことが多いです。
キーとじ込み、パンク、脱輪、故障などは、自力で解決できないことが多いです。
自動車保険のロードサービスがあれば、JAFと同じようなサービスを受けられるのです。
自賠責保険の場合、3,000万円までしか補償されません。
死亡事故を起こした場合、この金額では到底足りないでしょう。
民家に衝突したら数百位万円が当たり前ですから、やはり任意保険の加入は必須でしょう。
オートマ車でブレーキとアクセルを間違えて踏んでしまい、民家に突っ込むという話はたびたび聞きます。
自動車保険で役立つのは、弁護士特約です。
もらい事故の場合、保険スタッフが事故処理できないそうです。
この場合は、当事者で解決するか、弁護士に依頼する方法しかないそうです。
前者の場合は、円満解決は非常に難しですから、弁護士に依頼したほうがいいでしょう。
弁護士特約に加入していれば、事故発生時の弁護士費用を負担してくれるのです。
自動車は、想像以上に弱いものです。
ゆっくりとバックして、コツンと後続車に衝突してしまっただけで、数十万円の費用が必要になることもあります。
軽くヘッドライトが浮いた程度でも、部品交換が必要となるのです。
そうなれば、数千円では収まりません。
安くても数万円、高ければ数十万円以上の修理費用がかかってしまうのです。

サイトマップ