自動車を運転する前に

自動車を運転するなら、自動車保険には絶対に加入しましょう。
自賠責保険は強制であり、ほぼ100の加入率を誇っています。
しかし、この保険だけでは不十分なのです。
最高で3,000万円までしか保障されないのです。
億単位の賠償が必要になった場合は、任意保険が必須になるわけです。
任意保険の加入率は80%程度です。
この数値は高いようでありますが、実はかなり低いのです。
本来であれば、100%近い加入率でないといけません。
事故は、どんなに完ぺきな運転をしても防げないのです。

神奈川で中古車の一覧を見てみるなら以下ページから
http://www.weins-ucar.com/search/

その代表例がもらい事故でしょう。
これは、いくら自分が注意しても、運が悪ければ巻き込まれてしまうのです。
もらい事故は、当事者同士で解決することになります。
任意保険に加入していたとしても、保険会社が処理できないのです。
これは法的に決まっているので、当事者で話し合いをして解決することになります。
しかし、この方法は極めて危険なのです。
誰もが自分に有利になるように交渉するはずです。
自分が悪くても、相手のせいにする人が多いはずです。
そこで、弁護士特約が役立つのです。
これは、任意の自動車保険のオプションとして用意されているものです。
オプションなので、無理に加入する必要はありませんが、加入していれば弁護士サポートの費用が300万円まで保障されるのです。
これは非常に大きいものです。
弁護士ならば、もらい事故の処理もスムーズに行えるのです。
当事者同士ならば、調停や裁判などを介して処理するしかない場合でも、弁護士を通せば解決がスムーズですし、その後のトラブルも防げるのです。
弁護士が交渉した場合、一定の権限が発生しますから、相手があとから非を覆そうとしても、弁護士が適切に処理できます。
弁護士に依頼していなければ、その場は丸く収まったとしても、あとからトラブルが再発する可能性があります。
このような場合、泥沼になってしまい、トラブルはなかなか解決しなくなります。

サイトマップ